出金スピードの確認はオンラインカジノランキングでできます。

日本では先日、国会でカジノ法案が成立し本格的に国産のカジノ建設への道が開けました。ただ、実際に大都市に複合施設としてのカジノが出来上がるまでの道は決して順調ではありません。いくつかの建設予定地が発表されていますが、横浜の様に住民からの反対が強かったり、政財界から意見交換を求められたりしておりとてもスムーズに話が進むとは思えないのです。また日本にそれだけの土地があるかどうかという問題も、少なからずあります。カジノの様なリゾート色の強い複合施設は、ほとんどの場合埋立地に作られますが、周りを海に囲まれている日本にとって一見好立地と思えても、流れの強い日本海側では難しいですし、太平洋側はかなりの範囲ですでに埋立地化が進んでいますので安全面を考えると予定地は慎重に選ばなければなりません。

日本は、ギャンブル大国であることは間違いないのです。西ヨーロッパやアメリカの様に競馬や競輪などの公営ギャンブルも盛んに行われながら、パチンコやパチスロといった民間の遊技場の人気も高い国は日本しかありません。特にパチンコの文化は、最盛期よりも明らかに減少傾向にありながら一大経済産業として位置づけされています。このような状態の日本に今までカジノがなかったのが不思議ではありますが、法案が成立しなかったのには要因がそれなりに存在します。

日本人のカジノのイメージは、ラスベガスのイメージです。世界で一番知られたカジノの街であるラスベガスは、日々様々なエンターテイメントのショーが行われる一大娯楽都市ですが、それ以上に犯罪率の高い場所となります。一日で莫大なお金の流れを作り出す街だけに、その犯罪率はアメリカでも屈指となっておりそのイメージが日本人に悪い影響を与えています。実際にギャンブルだけの大型複合施設が出来上がってしまうと、その地域の治安は間違いなく悪くなりますのでそれを大都市に作れるかどうかがこれからの協議の事案となります。この協議を一つ一つ解決していかないと実際に建設工事が始まりませんが、それでも高い壁として越えるべきものですので、できるだけ早急な話し合いが必要です。

本来、カジノを建設する時期としては2020年を狙っていたはずではないでしょうか。日本は年々、海外からの訪日客が増え続けていますが、間違いなく過去最高の観光客数になるのが2020年の東京五輪です。大会期間中は、世界中から長期滞在の訪日客が来日する予定で、その時点でカジノがあればその経済効果は莫大になったはずです。日本のカジノ法案が成立した時点で、海外の多くの企業が運営への参入を申し出ました。それだけ日本のカジノに対する期待感は大きく、また実際に国産カジノが建設された場合のサービスや施設の完成度は世界にアピールする意味でもかなり高いものになるはずです。ただこの時点で、建設への道は険しく、とても2020年には間に合いませんのであとはじっくりと時間をかけて法整備など抜け目なく完璧なカジノを作るべきではないでしょうか。

カジノ法案は成立しましたが、その他の法案の整備が急務です。特に最近世の中で叫ばれているのが、ギャンブル依存症です。パチンコやパチスロなどは近年規制が激しくなり、射幸性の高い機種が続々と撤去されています。射幸性の高い台は、分かりやすく言えばハイリスクハイリターンの台です。当たりを引くまでにそれなりの資金を投入しなければならない為、一日中当たらなければ10万円単位でお金を使ってしまいリターンが全くない日があったり、日が違えば何十万円も勝てる日もある台が射幸性の高い台です。ギャンブルは負けがこみだすと一発逆転を狙って高い目にかけたくなるもので、より深みにはまっていくことが考えられます。

現在流通しているパチンコやパチスロ機は、ハイリターンの部分を抑えることによって高額投資を抑えようとしています。リターンの幅が狭ければ、一発逆転ができなくなり諦めがつきやすいという考え方でこれがギャンブル依存症を抑えることにつながると言われています。ただこの考え方は本末転倒で、資金を投入しようと思えばいくらでも投入できるのに、リターンが少ないので取り返そうと考える時間が多くなってしまう危険性があります。健全にギャンブルを目指すのであればハイリスクの部分を抑えなければ、何の意味もありません。カジノ建設を考えると、このギャンブル依存症についての法案をもう一度見直すべきです。更に治安についても、今までの様な考え方ではままなりませんので早急な対策を整備しなければなりません。

現段階で、日本人がカジノで遊ぶ方法は2つしかありません。マカオやラスベガスの様に海外の現地に行って遊ぶ方法が一つです。西ヨーロッパやアメリカには非常に多くのカジノがありますし、近場で言えば韓国にもありますので、片道2時間以内に行けます。ただ、あくまでも交通費がかかる場所に遠出しなければなりませんので時間と費用が必要です。2つ目が、オンラインカジノです。オンラインカジノであれば、インターネット環境さえ整っていればパソコンやスマートホン、タブレットを通じて自宅や外出先で楽しめます。ここで少し不思議に思う方がおられるかもしれません。日本国内の自宅や外出先で、ネット上であるとはいえカジノを利用するのは違法ではないのでしょうか。

結果から言うと、これは違法ではありません。なぜならオンラインカジノの運営会社は全て海外の企業だからです。海外の企業が運営することで、実際にラスベガスでギャンブルをするのに違いはありませんので、日本国内でオンラインカジノを楽しめるのです。もちろん、日本の企業が運営するオンラインカジノは違法となりますので、絶対に利用してはいけません。

まだオンラインカジノを利用したことがない方は、そのゲーム性に不安を覚えるかもしれません。あくまでもネット上で行われるギャンブルで、パーカーにしてもスロットにしても全て作られた映像です。その為、運営会社が当たりや外れを操作しようと思えばいくらでもできるのではという疑念です。ただこれはできません。日本のパチンコやパチスロには設定があります。パチスロで比較するとわかりやすいですが、設定は1から6まであり数が大きくなると勝てる挙動の確率が高くなります。

設定6の台を確保して1日中打つことができれば、少なくともトータルで勝てる可能性がかなり高くなります。この設定の操作は設置店に任されていますので、ある程度店側に利益の予想を立てやすくさせているのが日本の民間ギャンブルの現実です。これは法律で認められている範囲で、問題はありませんが店側が利益を増やしたいのであれば設定1を多くすれば良いですし、お客さんを増やしたいのであれば設定6の台を多くすれば良いという具合です。もちろん、実際に当たりや外れを操作する事は法律違反で、時々パチンコ店が一定期間リニューアル期間として休業しているのをみるとなんらかの違反をしていたのではと勘ぐってしまいます。

このような現実があるので、日本人の考え方としては、オンラインカジノの結果を少なからず操作できるのではないかと考えてしまうわけですが、実際にはそれは不可能です。それは運営する企業とゲームのシステムを運営する企業は、全く関わりがない別会社だからです。先ほどの日本のパチスロの場合を考えると設定1ばかりを1年中設置するお店のお客は離れてしまいますので、ある程度の操作はちょうど良いバランスが必要です。オンラインカジノの場合、運営会社にはゲームのシステムに介入する事は出来ないので、操作する事によってバランスを保つことが不可能です。だからこそ、健全性が保たれています。

これからオンラインカジノを始めようと考える方にとって、重要な条件は出金スピードです。出金スピードとは、分かりやすく言うとコインを現金化するスピードです。出金スピードがはやければ、自分の銀行口座に現金として振り込まれるのがはやいですし、出金スピードが遅ければ手元に現金として手に入るまで時間がかかります。実際にこの出金スピードは、非常に重要です。人間なので、利益が出ればできるだけはやく手元におきたいものです。出金スピードがはやいサイトならすぐに現金化し他のことに活用できますが、出金スピードが何日もかかるようならそれだけ予定を細かく立てなければなりません。

現在、多くの大手のオンラインカジノの出金スピードはリアルタイム換金へと流れを変えています。遅くとも1営業日以内に換金できるサイトが、非常に多くなっています。出金スピードがはやいとわかっていれば、遣い過ぎない様にある程度資金をコントロールできます。これから始める初心者の方は、最初の内は出金スピードがはやいサイトをおすすめします。

どのサイトを利用すれば良いかの判断材料は色々とありますが、一番良いのはオンラインカジノランキングです。オンラインカジノランキングは、単純な売り上げ高や利用者数だけでなくお金の動きや利用者の満足度など様々な要件によって定期的に調査された結果をランキング化したものです。各サイトの条件やレビューなどが見ることができる様になっていますので、迷った時の判断材料としては非常に役に立ちます。

オンラインカジノには、ボーナスという考え方があります。初めて入金した時にその入金額と同じ金額のコインを更に上乗せで与えられたり、入金しなくても20ドルや30ドル程度の特典ボーナスを登録するだけでもらえたりします。この特典ボーナスをただでまず楽しんでみて、入金するのも問題ありませんので、まずはお試しで様々なサイトを試してみるのも良い方法です。どのサイトもそれぞれ力を入れているゲームや機種があり、それに伴う遊びやすさも存在します。自分が得意なゲームに、力を入れているサイト探しから始めてみるのも近道かもしれません。